相続・後見・遺言・生前贈与

我孫子・柏相続相談センター

運営:司法書士天王台法務事務所(天王台駅徒歩3分)
住所:〒270-1143 千葉県我孫子市天王台2-10-7-304

お問合せ・無料相談のご予約は
0120-56-3456

土日祝日もお電話受付中!

平日 8am-7pm
日祝 8am-5pm

遺言書(あなたの思い、ご家族は本当に知ってますか?)

 

遺産分割でもめる原因は相続人が本人の本当の気持ちがわからないからと言えます。相続人が2人以上いれば遺言書があったほうが安心ではないでしょうか。

 

【もめやすいケース】

① 相続人の一人が親と同居している場合
例として、兄が親と同居している場合、かなりの確率で遺産分割でもめることとなります。兄は生前親の介護で苦労したため自宅はそのまま自分が住み続けるのが当然と考えていますが、同居していなかった弟は兄は何年も家賃の支払いをしていなかったから得をしていたと思っても不思議ではありません。兄弟の仲はいいから問題ないとのお考えも一理あります。しかし、それは、親が生きているうちは遠慮して何も言えないからではないでしょうか。

② まとまった財産が不動産だけの場合
遺言書がなくても法律で相続分が決まっているから問題ないとお考えの方が結構いらっしゃいます。しかし、それは遺産がすべて現金、預貯金、株式等の分割しやすいものであればの話です。不動産の場合、相続人全員が共有で相続すると将来売却するのに全員の実印が必要となるためとても苦労します。売却するつもりがないような場合でも相続人にさらに相続が発生したり、相続人に認知症となってしまう人が出てきたりしてしまうと後々の相続手続きが煩雑となり空き家のまま手を付られない状態になってしまう可能性があります。

③ 子供がいない場合
法律上、子供がいないケースでは、配偶者と自分の親が相続人となります。しかし、自分の両親は先に死亡している可能性が高いです。そして親や祖父母が既に死亡している場合は、次の法定相続人は配偶者と自分の兄弟姉妹となります。この場合、兄弟もある程度の年齢となっているため、認知症となっていたり、既に死亡してる可能性もあります。前者では後見人の参加が協議の前提となり、後者は甥姪が相続人として加わってきます。

仮に、相続人が全員元気なときでも兄弟姉妹が全員集まって遺産分割協議を行うことは、かなり、神経を使う作業です。遠方に住んでいるご兄弟がいる場合は、手紙でのやり取りとなり、相続人以外の間接的な利害関係人、例えば、相続人の配偶者やその子供達の意見も少なからず、相続人一人一人に影響を与えることとなります。遺された配偶者につらい思いをさせたくない場合は、遺言書は最低限度の生前対策の一つといえます。

④ 再婚している
再婚している場合で、前妻(前夫)との間に子供がいるときは、それぞれの子供たちの間に交流がないケースが多いです。そのような場合は、上記4のケースと同様に遺言書は必要最低限の争族対策といえます。

遺言書がさえあればすべてうまくいく?

 

遺言書があればすべての問題が解決するというわけではありません。しかし、遺言書があることで相続手続きの煩雑な手続きが大幅に簡略化されることは間違いありません。

 

【遺言書がない場合の一般的な相続手続きの流れ】

①遺されたご家族が通帳、金庫、クレジットカード、証券会社、不動産等すべての財産や負債を調査し財産目録を作成します

②出生から死亡までの戸籍を全て収集し、死亡時の除住民票や、相続人全員の戸籍、住民票、印鑑証明書、不動産の名寄帳、評価証明書、登記簿謄本等の必要書類を全て集めます

③作成した財産目録をもとに相続人全員で遺産分割協議をして誰が何を相続するか話し合います

④相続人全員の実印を押印した遺産分割協議書をもって金融機関、法務局、陸運局等で手続きをします

遺言書があれば①は確認作業だけですみ、②の書類は大幅に減少し、③は省略されるため、④の手続きだけをしっかりと遺言執行者(遺言書に記載された手続きを単独で行う権限のある人(通常は受遺者)つまり遺言により財産を取得する人)が行えばいいわけです。

特に③の遺産分割協議では、自分の権利(法定相続分や遺留分)を主張さえすれば数百万円から数千万円が手に入るのに、「いらないよ。」と実際に放棄できる人がどれくらい存在するのでしょうか。

相続財産や家族構成により難易度が異なりますが、簡単に実印を全員が押してくれるとは思わない方がいいでしょう。

 

 

遺言書作成は自分でできる?


できますが、お勧めしません。

以下が最もシンプルな遺言書の例です。

ーーーーーーーーーー

遺言書

遺言者●●●●は全財産を長男●●●●に相続させる。
 

令和●年●月●日

住所  ●●●●●●●●●●●●
遺言者 ●●●●  印

ーーーーーーーーーーーー

上記のような遺言なら数分で作成可能です。広告の裏に書いても問題ありません。

ただし、自筆による遺言書は検認手続きとして、相続発生後に遺言書を裁判所に提出し相続人全員を呼び出す手続きが必要です。その際、本人が書いたものに間違いないかの確認作業が行われます。

一人でも違うと思うという意見がでて検認調書にその旨が記述されれば、その人が別途作成した本人の作成した遺言書に相違ない旨の上申書がないと名義変更ができません。


自筆証書遺言は偽造も簡単にできるため仕方がないと言えばそれまでですが、かなり不安の残る遺言と言えます。できれば検認手続き不要な公正証書遺言のほうが安心です。

 

それでは、「公正証書遺言を作成するため、直接公証役場へ行けば良いのか?」となりますが、公証役場では、どうしたらいいかのアドバイスはしません。あとで揉めたときに責任が取れないからです。


公証役場では、必要書類の案内と費用がいくらかかるかしか教えてくれないと考えた方がよいです。

 

そのため、上記例のようにシンプルな遺言書を作成する予定で、公証役場に予約をするのであれば専門家のアドバイスは必要ないと思います。

 

ただし、遺言書の内容についてもアドバイスが必要であれば専門家に相談をしてから公証役場へ行くべきと思います。

 

なお、令和2年7月10日より、法務局で自筆証書遺言を預かるサービスがスタートします。こちらの制度を利用すれば検認手続きが不要となる予定です。

 

保管費用等についての詳細はまだ未定ですが、今後は公正証書の代わりに利用する人が増えると思われます。

 

ただし、公証役場と同様に遺言書の内容についてのアドバイスはしてくれませんので、いずれのケースでも専門家に相談が必要と思います。

 

当事務所は、相続・遺言業務を専門としていますので、自信をもってアドバイスをしています。


地域限定ですが、ご自宅は当然ですが、施設や病院でも無料出張*にて無料相談の対応をしています。

無料出張エリアはこちらをクリック
 

是非無料相談をご利用ください。(無理な営業は一切しませんので安心してご連絡ください)

 

 

土日祝日も営業中(9時~20時)
0120-56-3456

その他の遺言書について

生前対策(遺言書作成支援)サービス料金

公正証書遺言
遺言財産の額 内容 サポート料金

一律

財産額による変動なし

・家族構成、財産、ご希望のヒアリング
・遺言書の案文の作成
・戸籍や住民票、登記簿謄本等の必要書類の収集
・公証役場までの同行
・公証人から質問される内容の反復練習


公証人より質問される一般的な事項については、事前シュミレーションとして反復練習をさせていいただきます。認知能力の低下が多少進んでいる場合でも、当日は緊張せずにスムーズに受け答えができるように事前準備をします。

相続発生後の紛争防止のため遺留分には十分配慮します。財産の取得できない、もしくは法律上の相続分より少なくなる相続人には心へ訴える効果的な付言事項が必要となります。

相続人以外への遺言を作成する場合は、財産を取得する人が将来、困ることがないように遺言執行者の権限を明確にし、他の相続人の関与なくお手続きを円滑に進められるような文言のアドバイスもご提供いたします。

78,000円

※自筆証書遺言は、58,000円となります。
※ご夫婦で2つの公正証書遺言を作成される場合、78,000円+78,000円=156,000円のところ15万円
※ご夫婦で2つの自筆証書遺言を作成される場合、58,000円+58,000円=116,000円のところ10万円
※公正証書では証人2人が必要となりますが、1人1万円にて手配可能です。

※消費税、公証人手数料、郵送費等の実費は別途ご負担いただきます。

サービスの流れ

お問合せから相続発生後のお手続きの流れをご説明いたします。

お問合せ

まずはお電話・又はメールにてお気軽にお問合せください。

初歩的なご質問でもかまいませんので、お気軽にご利用ください。

無料面談

お客さまのご希望の日をお伺いし、無料出張によるご面談、もしくは事務所に来所していただき面談を行います。

所長司法書士の関が責任をもってご相談をお伺いします。

面談は無料ですので、まずはお話だけでもお伺いできれば幸いです。

遺言案文ご提案

ヒアリングしたお客様のご希望や状況をふまえ、お客さまに最適な遺言の案文を作成いたします。お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

公証役場での遺言書作成

公正証書遺言の場合は、公証役場にて遺言書を作成します。当日の公証人手数料は当事務所にて立替払いいたします。お客様は手ぶらでお越しいただけます。

なお、立会証人2人について手配することも可能です。お気軽にお申し付けください。

 

 

手続き完了報告とお支払い

後日、報酬と公証人手数料費用については銀行での振込みでお願いいたします。

 

ご入金が確認できましたら、領収書および戸籍等の取得した書類等につきまして郵便でお送りいたします。

 

手続き終了後につきましても、お気軽にお問合せ下さい。些細な点であっても、全面的にサポートさせていただきますので、ご安心ください。

無料相談受付中

お電話でのお問合せはこちら

0120-56-3456

9:00~20:00 まで土日祝日も営業中
天王台駅徒歩3分 東我孫子駅徒歩8分 
専用駐車場有 天王台駅からの経路

※営業時間内は通話中を除いて原則つながります。事務所に誰もいない場合は司法書士の携帯に転送されるため、万が一移動中で出られなかった場合は、着信いただいたお電話番号に折返しご連絡いたします。その際の架電は080-7821-3913からとなります。

≪相続を初めて経験される方へ≫

銀行の名義変更に伴う面倒な戸籍等の収集から各窓口に提出する書類作成も司法書士が皆様の代わりに行います。預貯金の解約手続き、株式口座、不動産の名義変更まで相続のお手続きを全てサポートいたします。詳しくはこちら>>

お問合せ・ご相談
0120-56-3456

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~20:00

定休日

年中無休

アクセス

〒270-1143
千葉県我孫子市天王台2-10-7-304
JR天王台駅南口から徒歩3分 JR東我孫子駅から徒歩8分 


【無料出張エリア】我孫子市、柏市、野田市、流山市、松戸市、佐倉市、成田市、富里市、印西市、白井市、鎌ヶ谷市、印旛郡栄町、八潮市、草加市、松伏町、吉川市、越谷市、坂東市、取手市、北相馬郡利根町、三郷市、常総市、つくば市、つくばみらい市、龍ヶ崎市、河内町、その他上記近隣市町村

免責事項
当所は、本サイトの内容について細心の注意を払っておりますが、その正確性について保証をするものではありません。
お客様ご自身が当サイトのご利用により、万一、何らかの損害が発生したとしても、当所は何らの責任を負うものではありません。